医薬翻訳のビーアイシー スタッフダイアリー

こんにちは。バイオサイエンス・医薬専門の翻訳会社 ビーアイシーのスタッフが社内のできごと・オフィス周辺のことなど、日常をつづります。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPad活用

こんにちは。医薬翻訳のビーアイシーです。

金曜日というのに、渋谷区はどんよりとしています。
解放的な気分で週末を迎えたいですがそんな雰囲気ではありませんね・・・。


弊社のPCのメインOSはWindows XPです。
「古い!」と思われる方も多いのでしょうか・・・。
しかしほとんどの作業がMS Wordのせいか、現状、とくに支障なく使用を続けています。

最近はAppleがiPhoneだiPadだと次々に新しい機器を発売して話題になりましたね。
iPadは今までの「パソコン的な」概念を変えてしまうものだと
発売当初はずいぶん騒がれましたが、
日本語用のアプリケーションも少ないようで、
実際普及するにはまだ時間がかかりそうです。

さきほど、ちょうどいいiPad活用法を思いつきました。
用語集や参考書、雑誌のバックナンバーなどの資料をとにかくiPadにストックしておくのです!
それを机の片隅に置いておけば、必要なときにすぐに検索することができますよね。
場所もとらないですし。
どの参考書に載っているか判然としない事柄についても、
一括検索ができれば、参考書に何冊もあたる必要もなくなります。
それにWordで作業をしているのと同一のPC上で辞書アプリなどを複数立ち上げていると
パソコンにも負荷がかかりますが、それも防げます。

唯一の難点は作業しているところへコピー&ペーストができない事ですが、
それでもかなりメリットはありそうです。
社内の本棚には大量の参考資料がありますが、
それを電子化してしまえばスペースも広くなりますね。

結局、データベースとしての閲覧目的で、本当のiPadの良さは生かされていない気はしますが・・・。
でも、仕事には役立ちそうです。
iPad、導入してもらえないかな・・・。

Apple社といえば、10/20に新しいノート型PC "MacBook air"11/13インチを発売しましたね。
11インチですと、幅29.95mm、奥行き19.2cm、厚さは0.3~1.7cmだそうです。
A4サイズと大差ないです、これはすごい!
もしかするとiPadよりこちらを購入する人のほうが多いかもしれません。

新商品に心ときめいている私ですが、
実を言うと、あるひとつの作業をするのにいまだにWindows98を使っています。
さきほどもWin98が無事に稼動して作業が完了しました。ほっとします。
さすがにこれは何かあったときに代替できないと思い、徐々にデータなど移行中ですが・・・。

iPadを職場で使っている方々の活用法が気になる今日このごろです。
Macを使用している会社のほうが導入しやすいのかもしれませんね。

それでは今週も無事に終了したようなので、帰ります。お疲れさまでした。
よい週末をお過ごしください。
スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。